ごあいさつ

平面裁断でありながら、人が袖を通すことによって生まれる独特の
線と面。これが韓服の美しさだと思います。
その線と面には、韓国・朝鮮民族の強さとたおやかさすべてが表現され
優雅でいて躍動感があります。
私たちパランセは、その韓服の美しさを最大限の「シンプルさ」で表現し
纏(まと)う人間の内面の美しさを引き出したいと考えます。
美しく、品格のあるチマチョゴリをつくります。

                                                                     傳統韓服・パランセ

沿革

2003年
パランセ 設立
2004年
阿部美穂子さんの衣装協力
2004年
KOREANブライダルフェア初参加
2005年
女優 上戸彩さんのCF撮影にて衣装協賛
2005年
映画「素敵な夜、僕に下さい」にて金スンウ & 女優 吹石一恵さんの衣装提供
2007年
女優 上戸彩さんのCF撮影にて衣装協賛
2008年
大阪にて、パランセ初の単独ファッションショー開催
2008年
女優 綾瀬はるかさんの「釜山国際映画祭」参加衣装提供
2009年
美容家 IKKOさんの衣装協賛
2010年
韓国「第29回 大韓民国美術大展」伝承工芸・服飾の部 入選
(伝承工芸 服飾の部:総出品数1010点、入選8名)
2010年
東京表参道にて、パランセ・ファッションショー「花の饗演」開催
2013年
アンミカさんのご婚礼衣裳担当
2014年
同胞結婚相談所二十周年記念 ファッションショー参加
2014年
女優 水野真紀さんの舞台衣装担当
2014年
東京・京王プラザホテルにて新作サロンショー開催
2016年
ヒルトン東京にてブライダルファションショー開催
2016年
朝鮮大学校学園祭にてチマチョゴリファッションショー開催

沿革

色と布との出会い。
余計なものは極力省き、必要なものだけで1着をつくる。
これが、パランセのコンセプトです。

弊社デザイナーが直接足で出会った美しい絹地と鮮やかな色が、パランセのチマチョゴリを作っています。
時には傳統にとらわれず、洋服の生地を用いて新しいチョゴリ作りにもチャレンジしています。
パランセでは、自然染めの絹地から昔ながらの傳統シルクまで、韓国国内でチマチョゴリの為に織られている上質シルクすべてをお取り扱いしております。
オッサ・カプサ・センゴサ・スッコサ・ミョンジュ・ヤンダン・・・その数実に数十種類にのぼります。
また、キャリアに裏打ちされた究極の手刺繍は、一針一針職人が心を込めて縫いあげ、ため息がこぼれる程の美しさです。

すべてを調和させた美しいパランセのチマチョゴリ、
哲学のあるチマチョゴリを作りたい。
着る人の人生をも変えるチョゴリを目指して・・・。